かっぱどう。
yutaiguchi:

「さすらいだー」/「pomodorosa」の作品 [pixiv] #pixitail
ssrr:

独特の光彩を放つ癒し系 日本の女優 本上まなみ・・・♪ - よさバカこーじのブログ - Yahoo!ブログ
maid-girl:

木村文乃

maid-girl:

木村文乃

nottv:

ssd1404897479.jpg
Time to bring some damn Balance to the Knights of the True Cross

gvk2012:

image

with Mothra

image

and Rodan

image

とにかく、大事なことは「セシウムは付着した場所から移動しない」のだと言う。木の葉、木の幹、及び表土から殆ど移動しない。3年経った今でも、表土から2−3cm、それ以上深くまでは沈降しない。だから、雨水によってセシウムが地下深く浸透して地下水に影響を与えることもない。逆に言えば、何万年もセシウムは表土にずっと残り続けることになる。

そして、さらに今回分かった、驚異的な事実は、殆どの植物が土壌から、一切のセシウムを吸収しないことであった。このことに気がついた中西先生の実験室では、さらに興味深いことがわかった。植物は放射能に汚染された土壌から一切セシウムを吸収しないのに、放射能に汚染された水だけで栽培するとセシウムをたっぷり吸収するという事実である。つまり、セシウムは土壌と強く結びつく性質を持っていて、この土壌からは植物の内部に全く入っていかないのだ。

このことが、農地の土壌に対しては、完全な除染が進んではいないにも関わらず、そこで、新たに栽培された農作物は全く放射能が検出されない安全なものが生産出来るという理由である。中西先生によれば、地球は、誕生直後から強い放射線に覆われており、その中で、生物は進化を続けてきたので、もともと放射能に対して強い耐性を持っていると言うのである。

中でも一番驚くのは、乳牛に関する放射能汚染調査で、原発事故直後に深刻な放射能汚染を受けた飼料を食べた乳牛から絞られた牛乳も深刻な放射能汚染を受けていたわけだが、その後、汚染されていない飼料を与えたところ、20日後には、原発事故以前の状態と同じ、全く汚染されていない牛乳が得られたという。つまり、植物は土壌から放射性物質を吸収しないし、動物は一度取り込んだ放射性物質を排出し、体内に残さないという優れた放射能耐性能力を持っていることが判明したのだという。中西先生は、ここで悲しそうな顔をして語られた。「だから放射能汚染地域に居た乳牛達を殺す必要はなかったのです。彼らは、汚染されていない飼料さえ与えれば、また、再び全く問題ない牛乳を生産することが出来たのです」。

petapeta:

Не ожидал! — Интересное — Релакс!
中学の頃スラッとしててハット被ってるオジサンに道を聞かれ、教えたら帽子とって「ありがとう」と言われた。思わず「カッコいいですね」と言ったら「あはは。サンキュー。これで何か美味しいものでも食べてね」と言われ、割り箸を渡されたことがある。その人が高田純次さんと知ったのは1年後でした。
ほんとうのざまあみろは、彼らと関係ないところであなたがとっても幸せに暮らすことだよ。それが正しいざまあみろのやりかただよ。
dustmotorcycles:

Flat twin on the corner…

dustmotorcycles:

Flat twin on the corner…

12 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2010/02/25(木) 23:24:02.46 ID:apUaETGH0
307 :名無しの心子知らず:2009/12/19(土) 14:03:03 ID:ntSYbA+r
娘2歳半。朝の見送りの時に私が
「行ってらっしゃい、気をつけてね!」と言うのを真似するようになった

「いったっちゃい!ちょっちゅててね!ちよっちゅてて!!」
玄関にお気に入りぬいぐるみを並べて毎朝涙のお見送り
いつもデレデレになって出かける

ちなみにドラマチックなお見送りを終えた娘は
パパが見えなくなった瞬間に子供番組を見るため居間にダッシュで戻る